結婚式のイメージに合わせてタキシードを選ぶ!【タキシードの種類】

どんな種類があるのか調べる

タキシードというと、黒や白をベースにしたタイプをイメージする人が多く、ほとんどの人がどちらかのタキシードを選ぶと言われています。しかし、タキシードには様々な種類があるため披露宴や新婦のウェディングドレスに合わせて選んだほうが、より統一感を出すことができるでしょう。

タキシードの種類

フォーマル

カジュアルタキシード

基本的なタキシードのスーツ丈を基準に作っていますが、ウール素材や麻素材を作っているためカジュアルなテイストに仕上がっているタイプのタキシードです。

ロングタキシード

膝上10センチほどのロングタキシードがメジャーと言われており、ハーフコートに近いデザインが特徴です。

フォーマルタキシード

約100年程前からアメリカで使われているタイプのフォーマルタキシードは、正礼装や楽礼装などがあり多くの人が着こなしやすいタイプと言われています。

結婚式のイメージに合わせてタキシードを選ぶ!【タキシードの種類】

メンズ

リラックス感を出すならカジュアル系

最近から、カフェなどを貸し切って結婚式をするカップルが増えているためカジュアル系のタキシードが人気を集めています。キレイめだけどかたくなり過ぎないタイプのタキシードが良いという人はアースカラーやリネン素材系のタキシードを選んでみてください。

フォーマル

青い海や空に生えるタキシードは白いタキシード

青い海や青い空の下でタキシードを着て、挙式をするなら綺麗な海や空に生えるコットン素材を選んだほうがいいかもしれません。新婦さんのウェディングドレスと同じ色合いになるため統一感もだすことができ二人とも主役になることができるでしょう。

男の人

フォーマルな印象を与えるなら艶感のあるタキシード

レストランウェディングのように、正装に近い格好をしなければいけない披露宴の場合はウールを使った艶感のあるフォーマルタキシードが良いと言われています。ネイビーやグレーなど色の種類もあるため、好みに合わせて選ぶことができます。

男性

厳粛で落ち着いた雰囲気似合わせるなら正統派タキシード

チャペルなどで挙式を挙げるなら、タキシードの正統派と言われているタイプを選んでみてください。スタイリングの中に、グレーやネイビーが入っているため軽やかさも演出されています。