外壁塗装を知る

少しは知識を持っておく

外壁塗装と言うと、家全体を塗装すると言うイメージがありますが、それだけではありません。外壁の一部分を汚してしまったなどの理由で、狭い範囲を塗装することもあります。狭い範囲なら、外壁塗装業者に依頼するまでもありません。DIYでやってみましょう。安上がりですし、外壁塗装業者を探す手間も省けます。 しかし、何の知識もないまま外壁塗装を始めてはいけません。失敗する確率が高くなるので注意しましょう。狭い範囲と言えど、きれいに仕上げなければいけません。外壁塗装の注意点やコツを事前に頭に入れておくことです。最近は、DIYブームの影響もあってリフォーム雑誌も豊富ですし、ネットにもたくさんの情報が掲載されています。

下地の処理がとても重要

外壁塗装に限らず、塗装をするときは下地の処理がとても大事です。とくに、外壁の場合は風雨にさらされているので、入念に下地の処理をしなくてはいけません。上手く塗ることを考えるよりも、下地の処理をしっかりやることを考える方が大事と言う人もいるほどです。 とても重要とは言え、特別な技術が必要なわけではありません。下地の処理は誰でもできます。外壁に水をかけながら、汚れやカビを確実に落としていきましょう。汚れやカビが残っていると、塗料がはがれやすくなります。汚れやカビを落とすにはブラシを使うのがおすすめです。 外壁の水洗いが済んだら、しっかり乾燥させなくてはいけません。次の日から塗装を始めるようにしましょう。